メタボオヤジがフルマラソンに挑戦するまでの日記

フルを完走した今は密かにサブ4を狙っています

庄内緑地公園マラソン

破格の参加費(1800円)につられて名古屋のローカルレースに出場してきました。

f:id:n-fumiyuki:20190519193002j:plain

f:id:n-fumiyuki:20190520122713p:plain

その名も「第35回庄内緑地公園ラソン

5km、10km、ハーフの部がありますが私は迷わずハーフに出場です。

ちなみに制限時間は2時間半で、参加者は163名でした。

 

家から電車を乗り継いで1時間で会場の庄内緑地公園に到着です。

気温は23℃ですが風があるので暑さは感じませんでした。

受付でゼッケンと冊子を頂きます。関係者、ボランティアの方々が年配の方ばかりでアットホームな雰囲気に心が和みます。

f:id:n-fumiyuki:20190519192531j:plain

 

参加賞は数ある種類の中から好きなものを選べます。

f:id:n-fumiyuki:20190519192739j:plain

f:id:n-fumiyuki:20190519192812j:plain

私はTシャツを頂きました。これだけでも元が取れた気がします ^^。

f:id:n-fumiyuki:20190519192846j:plain

 

ところがこの大会、荷物の預け場所も無ければ更衣室もありません。

皆、会場のトラック脇で着替えていました。

荷物は自転車の鍵を使って支柱に括り付ける事に。

f:id:n-fumiyuki:20190519195736j:plain

 

スタート30分前になるとトラックでアップを開始する人がちらほら。

でも、私はレース前に無駄な体力は使いたくないので簡単なストレッチだけ。   (^-^)ゞ

 f:id:n-fumiyuki:20190519194108j:plain

 

そしてなんと、この大会のタイム計測は手動です。

ハーフは1周 2300mの公園を9周するのですが、1周走るごとに輪ゴムを捨てていき、最後輪ゴムが無くなったらトラックに帰ってくるという何ともアナログチックな大会です。

f:id:n-fumiyuki:20190519194827j:plain

f:id:n-fumiyuki:20190519195603j:plain

 

スタートは「皆さん好きな位置からどうぞ」って事なので前の方に並びました。

f:id:n-fumiyuki:20190519200058j:plain

合図は昔ながらの「位置についてぇ!」 

10時ちょうどの号砲とともに、皆一斉にダッシュf:id:n-fumiyuki:20190520070003p:plain

速い・・一瞬この大会、ガチランばかりなのかと不安になりましたが、多くの勢いは最初だけでした。

f:id:n-fumiyuki:20190519201035j:plain

f:id:n-fumiyuki:20190520074256j:plain

今回の目標はサブ100です。

キロ 4:40を超えないよう、手元のガーミンを意識しながら走ります。

残念なことに、ここの周回コースは普段の練習場所の景色や雰囲気とよく似ていました。新鮮さを感じられない中の9周とは・・メンタルがやられそうです。

f:id:n-fumiyuki:20190519201601j:plain

 

BBQ会場の横を走らすなんて・・旨そうな匂いがたまりませんf:id:n-fumiyuki:20190520070003p:plain

f:id:n-fumiyuki:20190520071237j:plain

 

同じサブ100狙いだと思って付いていた集団は、3周目辺りから次々とバラけてしまい早い段階で単独走に。

誰かに引っ張ってもらわないと心が折れそうなんですけど…これじゃ普段のぼっち練習と全く同じ状況  (~_~;)

f:id:n-fumiyuki:20190520074429j:plain

黄色のゼッケンは5分遅れでスタートした10km走の方達。3周目でお目にかかれました。
 

給水場の水は生ぬるくてカルキ臭が…

こ、これはすぐそこの手洗い場の水では… (^_^;)

…いえ、助かります。ありがとうございます。

f:id:n-fumiyuki:20190519202547j:plain

 

何とか気力を保ちながら9周を終え、トラックに戻ってきました。

その際、電光タイムを見てサブ100を確信します。

あとトラックを1周すればやっと苦痛から解放される…

f:id:n-fumiyuki:20190519223508j:plain

 

あと少しでゴールだけど‥相変わらずの酸欠、窒息寸前f:id:n-fumiyuki:20190520070003p:plain

f:id:n-fumiyuki:20190519224044j:plain

 

なんとかゴール、よろけながら見えたタイムは 1:35:48

f:id:n-fumiyuki:20190519224352j:plain

 

屋台で買ったビールを飲みながら公式結果が出るのを待ちます。

ランナー至福の時間ですね。 

f:id:n-fumiyuki:20190519224649j:plain

 

まだ走っているランナーはいますが、60位までの結果が先に貼り出されました。

f:id:n-fumiyuki:20190519225045j:plain

 

私の公式タイムは 1:35:47の17位。

嬉しい事に40歳以上男子のクラスでは5位です !

優勝者は 1:07:39と次元が違いますね… 70分切り!?(゚〇゚;)

f:id:n-fumiyuki:20190520065624j:plain

 

そのタイムを各々自分で記録証に記載します(笑)

f:id:n-fumiyuki:20190519225538j:plain

 

ガーミンの結果です。

なぜか300m程少ない・・ガーミンが間違っている事にしよう。

f:id:n-fumiyuki:20190519231639p:plain

f:id:n-fumiyuki:20190519231702p:plain

f:id:n-fumiyuki:20190519231722p:plain

今回すべて計画通りに走れた事に満足です。

いや、この結果は満足どころか感慨無量です。

なぜなら、フルのサブ4は市民ランナー上位25%の勲章ですが、ハーフのサブ100は上位20%しか得られない領域だというデータがあります。

私はとうとう上位20%の男になれたのです。

その領域を他で例えるなら、ゴルフならスコア83、ボーリングならアベレージ200以上、TOEICなら745点というそこそこ胸を張っても良いレベル・・らしい。

20ヶ月前には200mさえ走れなかった冴えないメタボオヤジが、誰にいわれるともなく黙々と走り続けた結果、ここまで成長したのです(涙)

50のオッサンでも進化を遂げられる事こそが、市民ランナーにとってのマラソンの最大の魅力と言えましょう。

 

今大会の関係者やボランティアの方々、お陰様でPB大幅更新できました。ありがとうございました。

 m(_ _)m

 

蚊柱を避けながら

田舎の宿命なのでしょうか。

走っていると、ちょうど頭の高さに蚊の大群が出現するようになりました。

f:id:n-fumiyuki:20190507130842j:plain

なぜか、奴らは私のランコース上に点々と群がるのです。

昨日もゼェーハァーしながら口を開けて走っていると・・

数匹食べてしまいました(涙)

走りながらタンパク質が補える?

いえいえ、病原体を持っていないかと心配になります。

端からみれば、頭を左右に振りながらシャドーボクシングをしながら走っているように見えたでしょうね。

どうも奴らは昼頃から夕暮れにかけて現れます。

しかもわざと近寄ってくるような気が・・

不快過ぎるので、暫くは朝方しか走るの止めようかな。

 

最近は、まじめにコツコツと走っていたんです。

GW中もサボったと言えるのは三日間だけ。

f:id:n-fumiyuki:20190507133003p:plain

月間距離も150kmを超えて、VO2maxも "優れている" とガーミンから褒められました。

f:id:n-fumiyuki:20190507133416p:plain

今、大会に出たらPBが期待できそうなのに、レース予定が無いのがもどかしい。

近頃は走るのを数日休んだら、せっかく養った筋肉や心肺が衰えてしまうんじゃないかと不安を覚えるようになりました。

もしやこれって、、私もランニング中毒に侵されつつある?

いや、ランニングよりも毎日の晩酌が欠かせないのだからアルコール中毒の方が問題か・・。

なんにせよ、今後暫くは蚊柱のせいで、せっかく続いていた帰宅時のランニングが減るのは間違いなさそうです。

ランニングクラブ入会

先日、ランニングクラブに入会しました。

もっとタイムを伸ばしたいとか、ランニングを習慣づけたいといった理由ではありません。

単にマラソンのシーズンが終わり、レースの予定も無い中、ひとり黙々と走っている事に寂しくなってきたからです。

もともと私は、皆でワイワイするチームプレイより、一人陰でコツコツとする事が好きな性格です。そしてランニングは失敗しても周りに迷惑を掛ける煩わしさがなく、マイペースで行える気軽さが気に入っていたのですが・・

人は少しばかり走れるようになると、仲間が欲しくなるのでしょうか?

以前走れなかった頃は、目立たない服装で目立たない時間に控えめに練習していました。

それが最近は参加賞で貰った派手なTシャツで周囲の目を気にする事なくキロ 5:00でキプチョゲのつもりで走っているじゃありませんか。

これはまるで・・フル完走後の「新学期デビュー 」状態 !?   ( ̄▽ ̄;)アハハ

ようやく市民ランナーの一員となれたと思う今、共感し合える仲間が欲しい・・

ラソンの話題でお喋りしながらジョグしたり、仲間同士で苦しい時間を共有したり、励まし合ったり応援したり、頑張った時はスゴいと褒めてくれる仲間が欲しいと思うようになりました。

そんな中、私の練習コースで以前より気になっていた市民ランナー達の姿がありました。

f:id:n-fumiyuki:20190422181858j:plain

休日の早朝になると ”四日市ランニングクラブ” と書かれた旗を掲げて活動を始めるその集団は、ガチラン系とは違い、純粋に走る事を楽しんでいる趣味のサークルのようでした。

還暦を過ぎているであろう御年配の方が多いのですが、皆立派なふくらはぎを持っていて、ゆったりした走りの中にも年季の入った無駄のないフォームをしています。

彼らこそが、ランニングで最も大切な、楽しみながら末永く続ける事 を実践しているマイスター達に思えました。

このクラブに入りたいと思いつつも、既に出来上がっている雰囲気の中に飛び込む事に気後れしていたのですが、年度初めの頃合いを機に、勇気を出して扉を叩きました。

すると、とても温かく迎えて頂けたのです。

50の私は「若手」だそうです (*´ω`*) 

ランニング以外にも教わる事は多そうで楽しみ。

 

四日市シティロードレース

家から歩いて行ける大会

地元のローカルレース(10km)に参加してきました。

f:id:n-fumiyuki:20190327173030p:plain

 

天気はすこぶる穏やかで、絶好のお花見ランでした。

f:id:n-fumiyuki:20190407120517j:plain

 

結果ドン

f:id:n-fumiyuki:20190407115602j:plain

かる~く 4:30ジョグで流してきました。

 

です。

もういっぱい、いっぱい  f:id:n-fumiyuki:20181227222940p:plain

出だしから、まさかのダッシュスタート

今まで最後尾ブロックスタートばかりだったのが、今回は出世してBゼッケンだったので周囲のペースが速い、速い 

 

写真はゴール前のラストスパート

この時、酸素が摂取できずに窒息死するかと思いました。

f:id:n-fumiyuki:20190407121040j:plain

 

でも周りの高速ランナーに引っ張られたお陰で、自分でもビックリのネット45分切りができました。

結果には大満足です。

 

f:id:n-fumiyuki:20190407122039j:plain

参加賞のタオルと豚汁とおにぎりを頂いて、家までとことこ歩いて帰宅したのは AM10:30

私にとって一番肩の力を抜いて参加できた大会でした。

 

すべてはこの後の一杯のために

今日、私の住んでいる街も桜が満開になりました。

f:id:n-fumiyuki:20190406224730j:plain

海蔵川という桜名所の土手には露店がズラリと並び、日和の良さと相まって河川敷では多くの宴が繰り広げられていました。

f:id:n-fumiyuki:20190406224811j:plain

私はそんな風景を横目にシラフでランニング。

こんな日に満開の桜を見ながらのお酒は絶対にうまいだろうな・・

 

でも、私はもっと美味しいお酒がある事を知っています。

それは、走って走って自分との戦いを制した後の一杯。

 

明日は、この Tシャツを着てレースに出ます。

f:id:n-fumiyuki:20190405101751j:plain